最近注目を集めている水素風呂をご紹介!!

水素風呂・入浴剤比較

夏の冷房病という冷え性

エアコン

冷房病とは

冷房病とは、夏に外気が暑い時期に、冷房の効いたところで長時間すごし、外気との差が5度以上ある場合に急激な温度差を繰り返した時におこる体調の不良を言います。
病名としては、冷房病という名前はありませんが、冷房が原因で起こる、自律神経失調症または血行不良による体調不良です。
また、冷房が原因で頻尿となり、それを我慢していると、膀胱炎になることがあります。

冷房が原因の自律神経失調症とは

自律神経は、生命を営んでいくために必要なさまざまな体の働きをコントロールしています。
自律神経は、交感神経と、副交感神経で構成され、互いに関連し合ってバランスを取っています。
交感神経は体温を下げ、副交感神経は体温を上げるという働きをしていますが冷房のきいたところと、外気の差が5度以上の場合、この繰り返しがおこるとバランスが崩れてしまいます。
冬に暖房の効いた部屋の場合もおなじように外気との差が、5度以上ある場合がほとんどですが外出時には、暖かい服を着ていることから、外気との差が、夏の冷房時よりも少ないことから自律神経の乱れは起こりにくくなっています。

冷房が原因の血行不良

冷房の効いた部屋に長い時間いる場合で、特に女性に多くオフィスワークなどの仕事であまり体を動かすこともない場合に、夏の場合、冷房の効いた部屋で薄着のままですごすと血行不良が起こります。
血行不良が原因で、代謝も緩慢になり、むくみなどの症状も起こりやすくなります。

冷房病の症状。

手足の冷え、むくみ、肩こり、頭痛、めまい、腰痛、腹痛、下痢。便秘、月経不順、腰痛、頻尿、不眠、疲労感等があります。

冷房病にならないように気を付けること。

冷房病は外気との差が問題になるので、冷房の温度調節をして、あまり寒いと感じる温度にまでさげないようにします。
冷房の効いたところで、薄着をしないように、常に羽織るものを用意しておきましょう。
運動不足にならないように、心がけ筋力トレーニングや、ウォーキングをするようにします。
高齢者や、子供は自律神経の乱れが起こりやすいので、特に衣服などで、温度調節をすることが大切です。
膀胱炎にならないように、尿意を感じたら我慢しないようにこころがけます。
血行促進効果のある、食品などを食べるようにします。