最近注目を集めている水素風呂をご紹介!!

水素風呂・入浴剤比較

末梢の冷え性の改善方法

末梢の冷え性は、生活習慣、食習慣の改善をしましょう。

・体を温める食品を食べる。

体を温めるビタミンは
ビタミンB群(代謝にかかわりエネルギーを生み、体温をあげる)
ビタミンE (血液をサラサラにし、血行促進をする)
ビタミンC (ビタミンEと同時に摂ることでビタミンEの働きを助ける)

これらのほかにもパントテン酸(代謝を促進)たんぱく質(熱エネルギーとなる)これらを含んだ食品を食べるようにします。
良質のたんぱく質を摂ることで、筋肉量のアップを図るようにしてエネルギーの発生のしやすい体作りをします。

体を温める、生姜、唐辛子、シナモン等のスパイス類を上手に調理のアクセントに取り入れておいしく体の温まる食事をしましょう。
また冷たい飲み物や、食べ物ばかり食べないようにします。
夏でもあたたかい食品も食べるようにします。

・入浴方法を変える。

入浴は熱いお湯に短時間よりは、体温よりも少し高い目のお湯に20分ほど、半身浴でつかるとのぼせることもなく、体の芯まで温まります。
また、半身浴の最中に、手足の冷えのひどい人は、マッサージをしながら入るとより効果的です。
おふろに、ゆずをいれたり、アロマオイルでリラックスする工夫もしましょう。
寝る前にリラックスして、半身浴をすると、熟睡できるため、デトックス効果もあります。

・筋肉量のアップをする。

運動不足は血行不良、代謝の低下を招きますので一日30分は歩くようにします。
筋力の低下は、血行不良を招きますので、筋力トレーニングを行います。
自宅でも簡単にできるのが、スクワットや、ダンベルを使った筋力トレーニングで筋力トレーニングをすると自律神経の機能の向上効果もあります。

・その他の注意点

規則正しい生活をして、充分な睡眠をとり、自律神経の乱れが起こらないようにします。
また、ストレスをためないように心がけます。
日頃の服装にも気を付け、薄着をしないように気を付け、寒さを感じたら重ね着をするなど気を付けます。
内臓が冷えると、末梢の冷えにつながりますので、内臓が冷えないようおなかが冷えないような服装にします。
窮屈な服は血行の妨げをしていることがあります。
たばこも血液の循環を悪くしますのでやめるようにしましょう。