最近注目を集めている水素風呂をご紹介!!

水素風呂・入浴剤比較

効果を最大限に発揮させて半身浴をやる方法

HT077_350A

半身浴は、美容や健康に良い入浴方法です。夏なら冷房病、冬なら冷え性と女性の敵である冷えにも効果的!
半身浴の力を最大限に発揮する正しい方法とはどのようなものでしょうか?

半身浴の水温

半身浴はぬるい目のお湯につかるものですが、大体は体温よりも少し高い目の38度~40度です。
のぼせやすいなど、個人差があるのでのぼせやすい人は低い目の温度が良いでしょう。
熱いお湯につかるのが好きなひとには、なんだか寒いと感じるかもしれませんがしばらくすると、体の芯から温まり、汗が出てくるので気にならなくなってきます。
バスルームが、まるでサウナのようになる大きさならばよいですが広くて寒いと感じたら、タオルを肩にかけたりしてもいいかもしれません。

半身浴のお湯の量。

半身浴のお湯の量は、湯船に足を伸ばした状態で座って、みぞおちあたりまでお湯が来る高さがべすとです。

半身浴の時間

半身浴で体の芯まで温まり、汗が出るくらいになるには最低20分以上かかります。
いつもは、あまり長くつからない人にとっては、長く感じるかもしれませんが体の芯が温まらなければ、意味がありませんのでゆっくりとした気持ちでリラックスするということもストレスの解消となり、良い効果がありますので、お気に入りのアロマのお湯にするリラックスできる音楽を聴くなど半身浴の時間を楽しむ工夫をしましょう。

長風呂が好きな人なら、それ以上続けると、どんどん汗をかいてきます。
のぼせにくい体質の人でも、あまり長い間ですと、のぼせてしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

半身浴で注意すること。

半身浴での注意点は、体の芯まで温まることを忘れずに20分以上つかることです。
また、長い時間、汗をかいた状態では脱水状態になる可能性もあります。
入浴前と、入浴後にはミネラルウォーターをコップ一杯飲むのがおすすめです。
途中でのどが渇くという人は、ミネラルウオーターのボトルを、持ち込んで、少しづつ飲んでも良いでしょう。
冷たいものではなく、常温のものにします。

よく温泉のシーンで、日本酒を飲みながらあたまに手ぬぐいを載せているシーンがありますがあたまにぬれたタオルや、のぼせないように首の血管のところに、冷たいタオルを当てるのは良いですがアルコールをのむのは、おススメしません。
日本酒を、湯船にいれると、もち肌になるので、飲むよりはゆぶねにいれるのがおすすめですよv